Message 3

営業部長メッセージ

営業部部長村橋敏親(平成12年入社)

社長の人柄に惹かれて即日入社。
「誰と働くのか」はとても大切です

入社する前は、自営業として伸栄工事から仕事をもらう立場だったんです。当時、社長の矢野が代理人として担当していた現場に一緒に入ったのが出会いです。現場で一緒に仕事をしながらお話をしていたら「伸栄工事で一緒にやろう」と声をかけていただきました。初対面でしたし驚きましたが、社長の人柄や仕事に対する考え方などで共感する部分が多く、この人についていきたいと直感で思い、即決しましたね。
今思えばよくあんな急に誘ってくれたなと思うし、自分もその場で返事したことに我ながら驚きましたが、その直感は当たっていたと思います。「何の仕事をするのか」ということはもちろん重要ですが、「誰と働くのか」というのも同じくらい重要です。その意味で伸栄工事は自信を持ってお勧めできる会社です。

成果を出したぶん評価してもらえるので、
どんどん自分なりに工夫してほしい

社長をはじめ「人」の良さについてお話ししましたが、仕事自体もとてもやりがいがあります。
当社は年功序列ではないので、自分なりに工夫して認めてもらえたことは正当に評価してもらえます。実際、入社年次に関係なく高い評価を得ている人もいます。
営業部で言うと、一度お見積もりを出して、お客様から金額交渉が入ったところからが腕の見せ所。材料を工夫したり、高い価値をご理解いただけるように説明したり、営業担当の工夫が売り上げに大きく直結します。それには経験も必要ですが、日頃からアンテナを張って知識を身に付けながら、「自分ならどうするか」を考え、発言できると成長も早くなります。どんどん自分なりに工夫してみて欲しいですね。

自分のアイデアを活かしたい人には
大きなチャンスがある職場です

営業という仕事は決して楽なものではありません。当社には個人に課すノルマはありませんが、とはいえ営業である以上「受注をしなくちゃ」というプレッシャーはありますし、受注するためにお客様との交渉が必要な場面も出てきます。そこで「負けないぞ」という気持ちを持って、日々へこたれずに頑張れることは重要です。同時に、忘れて欲しくないのは、1人で仕事をしているわけではないということです。お客様先で何かあれば焦らずに持ち帰ってきてもらい、会社として最大限サポートをしていきます。
自分で工夫したり自分のアイデアを活かしたいと思っている人にはそのチャンスがありますので、興味のある方は是非お話を聞かせてください。